T様&K様

  • slide01
  • slide02
  • slide03
  • slide04
  • slide05
  • slide06
  • thumb01
  • thumb02
  • thumb03
  • thumb04
  • thumb05
  • thumb06

2018/9/22

 

雲一つないくらいの晴れの日にお二人のお式は行われました。

 

 

古代日本では、白は太陽の光と考えられ神聖な色とされ、

身体を白で纏う瞬間というのは必ずと言っていいほど

私たちの大事な瞬間なのです。

 

 

唐草文様に染めで描かれた鶴がとても品があり豪華ですね

色打掛は、桂由美の織の着物をお選びになりました。

ご新郎様もあわせて桂由美の紫の紋付。

 

 

お二人ならぶと、上品かつ華やかでゲストの方を魅了したことでしょう。

神聖な雰囲気での式に合わせた

大人上品なコーディネートをご提案させていただきました。

 

 

より華やかに

より美しく

そんな花嫁様を目指しての衣装合わせ。

私にとってもお二人にとっても

 

とても楽しいお衣裳合わせになりました。

これからも末永くお幸せに。